2008年08月21日

MONSTER(完) 全18巻

【MONSTER】 全18巻  /浦沢 直樹

ベルリンの壁が崩壊した後のドイツとチェコが舞台。
1986年、西独、デュッセルドルフのアイスラー記念病院に運ばれてきた頭部を撃たれた子ども。天才外科医として知られている日本人医師、天馬賢三が助けたその子どもが成長し、実は連続殺人犯になったと知る。
知らずうちにテンマは大きな謎を孕んだ事件に巻き込まれていく。あの時、助けて良かったのか? 倫理と良心の狭間で、犯人を追い続ける話。
テンマの生い立ちや過去、信念を交えてじっくり描かれた大作。

これだけの話が書けて、しかも絵も良い。もうどうにでもしてくれって思う。
人の心が丁寧に描かれている。浦沢作品は“良い人”のようなカテゴライズをしない。プリズムのように変化する、人の立ち位置や心情を上手く捉えて紙に落としている。そこが感嘆させられる。言うことなし、です。
話が重いし考えさせられるので、読み終わった後の充実感、および消耗は激しい。
まだうまく感想は書けない。いろんな思いが錯綜してくる。
ノック後にまたじっくり向き合いたい。とにかく秀逸な作品、読めて良かった、出逢えて良かったと思う。
ラストは震えた。
                         2007/10

《こんなふうにおススメ》
重いしオトナの話なのだけど、中学生にも勧められる。そこがすごい。
このような作家と同じ時代を生きていることがありがたい。

【コミックスセット】
  

【完全版】


【コミックス版】


ラベル:浦沢直樹
posted by zakuro at 00:00| Comment(0) | 漫画-少年青年系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

う【浦沢直樹】

【浦沢 直樹】 うらさわ なおき

MONSTER
BILLY BAT
ラベル:浦沢直樹
posted by zakuro at 00:00| Comment(0) | 作家別【あ行】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。