2008年12月12日

かごめかごめ(完) 全03巻

【かごめかごめ】 全03巻  /唯 登詩樹

竹内正面(まさみ)は父を亡くし、家庭の事情で家を半ば勘当されてしまう。
ガールフレンドの西野かごめに相談、とびきり安いアパートを紹介してもらうがそこは訳ありで。
一方、西野かごめはサークルである超常現象観察部を部に昇格させたいと目論んでいる。親友の森本賢治は部に賛同。巫女の血筋の霊能力者、日下かごめは正面に興味を持って入会してくる。顧問の梶原リカも何かを隠していた。

かんなぎ』後に神様漫画を読みたいなと探して、これを手にしたけどどちらかというとオカルトだった。

正面のアパートで見つけた護符が、ある神社のものをわかりそこの奥宮の井戸に引き込まれてしまうメンバー。
井戸の底に三柱鳥居があり、まるで向島の三囲神社にそっくりだった。
ここは三井家に所縁のある神社である。三柱鳥居は遡れば秦氏に関連してくる。
目次欄の絵は六芒星が描かれていたりするので、どこまで言及してくれるのかと大きな期待をしていたのだが……。

バラバラにして封印するなんてどんな平将門だろうか。
大幣型の剣が出てきたり、鬼が関わったり。

うまくご都合主義にまとめられてしまったのが残念。

竜穴、埋めちゃまずいんじゃないでしょうか?
二人のかごめまで登場したけど、結局はカゴメ唄も肩すかしだったなあ。
                         2008/12/10

《こんな人におススメ》
オカルティックな話が好きだけど、怖いのがダメな人に。

【コミックスセット】


【コミックス】


ラベル:唯登詩樹
posted by zakuro at 01:35| Comment(0) | 漫画-少年青年系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゆ【唯登詩樹】

【唯 登詩樹】 ゆい としき

かごめかごめ

ラベル:唯登詩樹
posted by zakuro at 01:27| Comment(0) | 作家別【や行】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。