2009年03月06日

本屋の森のあかり 01巻まで

【本屋の森のあかり】 01巻まで  /磯谷 友紀

郊外にも店舗展開している須王堂書店の支店に三年勤めていた高野(こうの)あかりは、東京本店に転勤で26年間暮らした愛知の岡崎を離れる。
本店には、副店長で本好きの寺山杜三、派手だけど姉御な主任の佐古栞、あかりと同期で嫌みばかりの美男子、加納緑、BL同人作家でもあるコミック担当のアルバイト森下紀子らがいて。あかりの奮闘する日々を描く。

One more Kissと、Kissに連載。
この作家さんの初コミックス。

本屋さんでアルバイトしていた経験なのかと思えるくらい、よく取材している(働いたことはないそう)。

読んでいて心がほっとする。ほのぼのタッチも作風に合っている。
かなり面白いし、好きな作品。
本を読みたくなるし、本屋さんに行きたくなる。
こういう作品がもっと増えて欲しい。

毎回タイトルは、いろいろな作品がモチーフになっていて、本の紹介にもなっている。
宮沢賢治の回は、本を読み直したくなった。

既刊はすでに4巻。手元に1巻しかなくて残念。
続き、早く読みます。

余談ですが、ジュディマリのYUKIちゃんの本名(旧姓)と一緒ですよね、漢字は違うけど。
                         2009/03/05

《こんなふうにおススメ》
かなりおススメ。元気になれます。


ラベル:磯谷友紀
posted by zakuro at 00:07| Comment(0) | 漫画-少女レディース系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

い【磯谷友紀】

【磯谷 友紀】 いそや ゆき

本屋の森のあかり
ラベル:磯谷友紀
posted by zakuro at 00:02| Comment(0) | 作家別【あ行】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。