2009年05月28日

高校デビュー(完) 全13巻

【高校デビュー】 全13巻  /河原 和音

中学時代はソフトボールに全てをかけていた長嶋晴菜。高校生になって、少女漫画のような恋愛に憧れ、高校デビューすることを決意する。しかし、どうしたら“彼”ができるのか、男子にウケる女の子になれるのか、さっぱりわからない。
街でナンパされようと、勘違いな姿で立っていて、小宮山ヨウと出逢う。ヨウを師匠として女道を歩もうと決意、条件の「俺を好きにはなるな」を守ろうとし、好きな男子を作ったりするが、いつの間にか想う人は……。

9巻までは、主人公の晴菜と、先輩でデビューのための師であり「好きになってはいけない人」のヨウを中心に、晴菜がヨウの友だちの田村史也を好きになったり、ヨウの妹で小悪魔なブラコン麻美と絡んだり、ヨウへの気持ちに気づいたり、ヨウの恋愛トラウマなどの話が続く。
二人がつき合いだしてからは、ヨウの親友の朝丘のちょっかいや、体育祭の話など。

ヨウが『リボーン』の雲雀恭弥に見えて仕方ないのは私だけ?
ツンデレで、ありのままな天然晴菜を愛してくれるという、少女憧れの展開。人気があるのもわかる気がする。
                         2007/12

10巻/
いきなり10巻から『恋愛カタログ』でいう笹錦さんキャラが出てきたんですけど……これって、少女漫画の常道なのかな? 晴菜のTシャツが可愛かった。まんまじゃん。
                         2008/4/15

11巻/
笹錦さん(『恋愛カタログ』の)的キャラのオンナとのバトルで別れかける二人。笹錦さんに比べて可愛げがないよなー。ヨウと晴菜の一泊旅行計画。
どこまでも晴菜が天然で、それも王道なのかなあ。いい加減、ちょっとうざい?  
                         2008/6/22

12巻/
ヨウと晴菜の一泊旅行。王道的なオチ。ヨウは推薦で東京の大学を受験することになり……。
雑誌での連載は終了。13巻までらしい。
12巻までは、遠恋になりそうな二人で終わる。舞台は札幌らしいので、高校生にはかなり遠い。
漫画的には晴菜の天然は可愛くて、少女の憧れの同性に見えると思う。でも、それってヨウみたいな素敵な彼氏がいるから成立するってとこもある。男からはあまり相手にされないタイプだよね、実際は。「晴菜って良い友だち止まりなんだよね」レベルな。
その晴菜が素敵な彼とラブラブしちゃってる。愛されちゃってる。そこが多くの少女たちに勇気を与える漫画。
ありのままの自分を愛してもらいたい。それって女の子の理想。
早くラストまで読みたくなってきた。13巻は12月発売。
                         2008/10/4

《こんなふうにおススメ》
作者さんがベテランで、王道な内容の中にも余裕が感じられ、安心して読めます。
できれば、ラストまで単行本が揃ったら、一気に読みたい作品。
                         2008/10/4UP

13巻/
とうとうこれで最終巻。やっと読めた。

ヨウに、東京には行かないで、と言った晴菜。冷静になって、それを撤回する。
行かないと言い切るヨウだが、推薦された大学から合格通知が来る。晴菜は明るく振る舞うが、ふたりはお互いに気持ちを持て余す。
お祝いパーティーや、みんなでスキーに出かけたり。スキー場でナンパされた晴菜。ヨウは気が気じゃなくて、ヤキモチをやく。
ヨウの母親に会う晴菜だったり。
みんなに晴菜のことを言い含めながら、旅立つヨウ。そして一年後……。

最終回に向けて、この巻を終わらせるために、残りのページ数と戦った感のある最終巻だった。急いで風呂敷畳もうとするのが見えてきて、ちょっとしらける。
それまで、ういういの心情や晴菜の天然ぶりを楽しむ作品だったのに、この巻は感情移入より、どちらかというとストーリー、エピソードを追うのが中心。キモチはわかる。難しいよね。
最初から、普通に読んでいけば、そんなに違和感がないのかもしれない。納得するのかも。

晴菜がナンパされて、それにヤキモキするヨウは可愛い。これって、最初の話に掛けてあって、それは楽しかった。
晴菜が成長出来て良かったね、というのが、一年後もあって。
どうもお疲れさまでした。
                         2009/5/27

追記> 最終巻、じっくり読み直し。前言撤回。面白かったです。通しで読まなくても。
晴菜は最後まで晴菜だった。「晴菜を変えてやる!」と意気込んでいたヨウが、結果として晴菜によって変わっていったんですね。恋って良いですね、それが、テーマ。
良くできた少女漫画でした。うん、オススメ。
                         2009/9/29


ラベル:河原和音
posted by zakuro at 01:23| Comment(0) | 漫画-少女レディース系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。