2009年06月03日

現代都市妖鬼考 霊媒師いずな 02巻まで

【現代都市妖鬼考 霊媒師いずな】 02巻まで  /岡野 剛(原作/真倉 翔)

イタコの家系に生まれた霊媒師の“いずな”。本来の姿は女子高生。
人の心の弱みに入り込んだ負のエネルギーである憑き物を落としていくのが仕事。
クダ狐が案内してきた不幸な人々を助けていく。一話読み切り。

スーパージャンプ増刊オースーパージャンプ。
キャリアの長い作家さんの新作。

正式タイトルには「現代都市妖鬼考」とついている。
どうやらこういうジャンル、お色気系と言うらしい。最近知った。

いずなの料金、高い。最初に感じたところはそこかっ! と、自分にツッコミ。

ツッコミどころは満載。
いずなが除霊するやり方は仏教的に近いけど、ところどころ嘘っぽく、いくらなんでも設定が甘すぎると思う。表面的すぎ。原作者の指示なのかな。
南無阿弥陀仏と不動明王を一緒にしている時点でアウトでしょう。不動明王を神霊と言っちゃっているし。いずなの後ろに金比羅大神と書かれていたり、系脈がバラバラなのだ。
それぞれの神仏の役割だけ調べて、設定に使っているんじゃないかな、たぶん。

せめて霊能者くらい何人か取材したら良かったのに。もちろん作中にもあったけど、霊能詐欺師も多いので注意かも。
妖怪事典くらい?
いずなが使っている眷属はクダ狐だけど、これは飯綱狐。

アイドルの火祭ゆきえの顔は、スキップ・ビート! のキョーコにそっくりで、びっくり。
しかも、実際にあった事件、グラドルのマネをしていた放火魔の話を模倣していて、気分が悪くなる。

毎回エッチなシーンも楽しめる、霊能系を主題にした萌え漫画、いやただのエロ漫画?
「色気のある女子高生のエロ漫画で良いよね、内容なんて」って思っているのかな。

今後は読むか不明。たぶん無理。少し期待してた分、残念。
ノックをしてなかったら、たぶん2冊も読めなかった。いろんな意味で勉強になった作品。
                         2009/5/21

《こんな人におススメ》
萌え系お色気系、お好きな方に。



ラベル:岡野剛
posted by zakuro at 01:43| Comment(0) | 漫画-少年青年系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お【岡野剛】

【岡野 剛】 おかの たけし

現代都市妖鬼考 霊媒師いずな

ラベル:岡野剛
posted by zakuro at 00:59| Comment(0) | 作家別【あ行】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。