2009年10月07日

僕はキスで嘘をつく(完) 全02巻

【僕はキスで嘘をつく】  全02巻  /藤間 麗

北園銘子(めいこ)は、本が好きな高二の少女。図書館に入り浸るのが癒しの時間。
陽が差してうとうとしたある日、銘子にキスして去ったのは誰か。
図書委員で女子を侍らせている3年の篠田忍、大人で隙のない3年の御子柴京一郎(みこしば)、クラスメイトの最上、年下で最上の陸上部後輩の蜂屋(はちや)か? それぞれが銘子に仕掛けてくる。

1巻短編「ソプラノ」
五谷友美(いつや)は緊張しがちで周囲から冷たいと誤解され、転校してから友だちもいない。心の癒しは中庭に響くソプラノの歌声。今日こそ友だちになろうと向かった先で邪魔されたのが、築山奏(かなで)だった。

2巻「杏奈の髪が長い理由」
美容師の真島尋之に恋して3年。10歳も年の差はあるけど、杏奈は好きな気持ちをこめて髪を伸ばす。

「はっかドロップス」
晴子は最後のドロップを舐めている時、高階にキスで取られてしまう。

Cheese!
絵がキレイで手が伸びる。設定は乙女ゲーム。

ポージングが上手い。男子が美しく見える。少女漫画には大事ですね。
そしてコマの見せ方も。読者を煽る構成ってこういうのをいうんだろーなと思った。

ステキな男の子たちに優しくされ、煽られ、ちょっといじわるもされちゃう。
短くすむ話を2巻まで引っ張る。でも楽しかった。

「黎明のアルカナ」がえらく評判が良く、そっちも気になっていた。この2巻にそのキャラ設定も収録されている。
                         2009/10/05

《こんなふうにおススメ》
最近文字数の多い作品読むのが多かったので、絵で魅せてくれて楽でした。こういうのも大事。



ラベル:藤間麗
posted by zakuro at 00:22| Comment(0) | 漫画-少女レディース系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

と【藤間麗】

【藤間 麗】 とうま れい

僕はキスで嘘をつく
黎明のアルカナ
ラベル:藤間麗
posted by zakuro at 00:13| Comment(0) | 作家別【た行】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。