2010年06月21日

青春少年マガジン1978〜1983

【青春少年マガジン1978〜1983】 全01巻  /小林 まこと

週刊少年マガジン50周年記念に描かれた作品。
1978〜1983年頃の週刊少年マガジン黄金時代のドキュメント。作者のデビューから、「1・2の三四郎」の連載時を、同期の小野新二、大和田夏希、当時から活躍の大御所にも触れての漫画奮闘記。
デビュー作の「格闘三兄弟」も収録。

週刊少年マガジンに短期連載。
とにかく懐かしかった。たぶんそれでこの作品が人気なのだと思う。
「コミックナタリー」で絶賛されていて、気になっていた。

漫画が売れていた時代だよね。幼い頃を想い出した。
私は若干ずれていて、この後の「バリバリ伝説」連載の頃が一番漫画に触れていた時期かも。とはいえ、クラスでまわし読みしていたものを読ませてもらっていた程度なのだけど。

作中、描かれているのは、人気漫画家のステキな日々だけじゃない。過剰なストレスを抱えて、一歩間違えばどうなっていたか、そんな心情にも触れている。命を削る仕事だと思う。

絵の素晴らしさは格別。すごい才能だよな。とくに表情が最高なんだよね。見ているだけで笑える。
なんでこんなに面白い漫画描けるんだろう。やばい、「1・2の三四郎」読みたくなってきた。
笑って、最後には泣けてきた。


追記/
中学に入学して初めてできた男友達が、「俺のバイブルだ、読め」とドサッと置いたのが、「1・2の三四郎」。今でもよく覚えている。
私はネコのマイケルの方が好きだったけど、一通りこの作家さんの作品を読んでいるのは、その親友のお陰。
今でも仲が良く、先日「1・2の三四郎」が全巻揃って、感慨深くなってメールした。速攻で返事があり、「なめるな、今でも俺のバイブルで、枕元には常にある」。
何十年! 人生とともにある作品なのだと思った。
                         2010/6/20

《こんなふうにおススメ》
当時読んでいた人にはとくに勧めたい。


ラベル:小林まこと
posted by zakuro at 04:54| Comment(0) | 漫画-少年青年系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

こ【小林まこと】

【小林 まこと】 こばやし まこと

青春少年マガジン1978〜1983
ラベル:小林まこと
posted by zakuro at 04:46| Comment(0) | 作家別【か行】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。