2010年08月18日

君いとほし 〜源義経恋絵巻〜

【君いとほし 〜源義経恋絵巻〜】 全01巻  /飴 あられ

1174〜84年頃の源氏の物語。
・「星に願いを-静御前恋語り-」
平安時代末期1174年。貴族社会は武士の登場で終わり、源氏を滅ぼした平家の世に。
戦で両親を失った静は白拍子となる。少女となって拾われた恩に報いるべく閨の客を取ることになるが、虎蔵に救われる。童とバカにして手を出すことはない虎蔵から読み書きを教わっているうちに惹かれていく。
虎蔵として身を潜めていた沙那王。のちの義経と都一の白拍子になった静の恋。

・「暁のかなたに-義仲と巴-」
頼朝、義経の従兄弟義仲。幼馴染みで女丈夫の武士巴との恋。

・「君いとほし-那須与一弓語り-」
義経が拾った少年与一は山で鷹を供にする少女楓に出会う。楓は義経に一目惚れ、共に行動することになる。

別冊フレンド増刊、別フレ。作者の初コミックス。

義経が実は女性で弁慶と恋に落ちるという「リョウ」を読んでいて、一応史実を確認しておきたいなと手を出す。
もちろん創作たっぷりなのは理解の上だったけど、それもかなりだった……。

とはいえ絵は上手いし、描写は詳細で好みだし、少女漫画らしい作品。
内容は作者の主観が入り過ぎている感があるが、少女漫画だしそれもありだ。もっと評価されて良いのでは。

ここらあたりの歴史に触れるのは小学生以来。ちゃんと歴史書読みたいなあ。
個人的には木曾義仲に興味。
                         2010/8/17

《こんな方におススメ》
歴史物のラブロマンスがお好きな方に。


ラベル:飴あられ
posted by zakuro at 20:49| Comment(0) | 漫画-少女レディース系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あ【飴あられ】

【飴 あられ】 あめ あられ

君いとほし 〜源義経恋絵巻〜
ラベル:飴あられ
posted by zakuro at 20:45| Comment(0) | 作家別【あ行】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。