2011年05月01日

未満れんあい (完) 全05巻

【未満れんあい】 全05巻  /高嶋 ひろみ

黒瀬一巳29歳。うっかり彼女いないまま29年。美少女ゲームやエロゲーをつくる(株)えっくすソフトを大学時代の先輩が立ち上げ、そこでプログラマーとして働いている。ギャルゲーは「千人斬りの黒瀬」と呼ばれた腕前。しかし世の中すべてに興味の無いような低体温。
ある日近所にできたファミレスで、いきなり中学生女子に捲し立てられる。彼女は他校の男子を紹介されて断ろうとして、服装から黒瀬を人違いしたのだった。勘違いをふたりでひとしきり大笑いした後、黒瀬には彼女が天使に見えた。咄嗟に実家から送られてきたみかんを渡して。お礼のメールに有頂天になる黒瀬。
熱い男になっていく黒瀬と、中学一年の小沢ともえとのハートフルなお話。

漫画アクション増刊コミックハイ。
帯には「ありえない組み合わせだけど、ありえて欲しい」 わかるわかる。
大人のういうい。
モテキ」と近いんだけど、ベクトルが違うのが面白い。
気軽に手にしたら面白くて掘り出した感じ。

萌え系なのかと思ったら、内面に踏み込んで人を正面から描いているのが心地良い。
大胆な絵と、エロゲー背景詳しい作家さんだな、女性なのに。と驚いたが、そうか、この作家さんもBL描いてるんだ(南京ぐれ子)。
だからかっこつけた、通り一遍の表面的じゃないのか。さすが。

可愛いのは黒瀬さんの方。ともえちゃんの行為に、一喜一憂ぐるぐるしちゃって、シャイで見ていて愛おしい。
ともえちゃんも無垢でキュートで良い子すぎ。

中学生の生活も垣間見れて、なんか読んでいて照れた。
かなり癒される作品。
新刊まで追いつきたい。
                         2010/8/05、8/06UP

《こんなふうにおススメ》
大人のういうい、イイです。

3〜4巻/
3巻。黒瀬、振られて落ち込む。社長の大川の一言。ともえの授業参観に忍び込む。そして告白。
4巻。ともえ、中学2年生に。友だちから付き合って欲しいとの黒瀬に頷く。黒瀬はいずれ結婚と舞い上がり。クラスメイトの人気者谷川に告白されたと黒瀬に相談する。一方、イベント後に大川は酔っぱらって黒瀬宅に泊まる。

大川先輩、巨乳すぎ。

黒瀬、ストーカー過ぎる、普通の中学生ならびびるよ。超ファンタジー。だんだん辛くなってきた。
いや、あるかも。付き合うって意味じゃなくてシチュとして。うんと若い頃、キモいおじさんに好かれちゃって、勝手に結婚するとか言い出されちゃって、それを言いふらされて(仕事上で会話したこと数回のみの関係)大変だったなー。想い出した、葬り去りたい記憶。上司や会社と話し合って、私が近々婚約者との結婚退社予定ということにしたら、取引切られたんだった。上司たちが苦虫噛みつぶした顔で「お前のせいじゃない、いずれトラブルになったからこれで由としよう」と慰めてくれたっけ。暗黒記憶だ。それと重なって痛いなぁ。

ミカりんウザイけど、言うこと真っ当。
その従兄弟が可愛くて好き。
いろいろ言ったけど、展開は面白い。
谷川の幼さゆえの自分本位と、黒瀬のヘタレゆえの相手への気遣いの対比は上手い!(男の自分勝手は一緒なんだけどね)
                         2010/9/08、9/10UP

5巻/
黒瀬はともえの元を去るが、きちんと告白していないことに気づき。玉砕覚悟で海に行ったともえを追う。そして数年後。

ふーん、そうなんだ。こういうエンディングなんだ。
なんとも不思議ちゃんのともえでした。こんなふうに子どもであってほしいという願いのようにもみえる…。
男のロマンの凝縮だな。頑張れ、引き籠もり気味のギャルゲオタクたち。そして、黒瀬は髪を切れ。
                         2011/4/30、5/01UP


ラベル:高嶋ひろみ
posted by zakuro at 01:18| Comment(0) | 漫画-少年青年系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。