2009年08月22日

NANA 21巻まで

【NANA】 21巻まで  /矢沢 あい

ドラッグ、セックス、ロックンロール。
同じナナという名前を持つふたりの少女の、少し異常ともいえる結びつきと、その少女らに絡む男たちとの恋愛と、音楽と、サクセスストーリー。

少女漫画で単巻平均発行部数、歴代第一位。

1〜18巻/
物語の進行は、想い出を辿る形式であり、出会いから時系列に追っている。
なんだろうね?女の子の感傷がテーマなのかな。人気があるのはわかるけど、ここまで売れる理由がわからない。
ファッションはオシャレ。参考にしたくはなるかも。
ちょっと不良っぽい男の子に惹かれたい、そんな女の子心なの?
                         2007/11

19巻/
やっと出た19巻。前の内容忘れちゃった。
ハチの台詞回しは相変わらず可愛い。その能天気さと、性格のアマ甘さって同居するもんなんだろうか? ハチの人生舐めているイマドキの女の子っぷりはイヤなんだけど。
私がハチが嫌いなのは、自分の失敗をすぐに忘れて次にいけることなんだよな。私だったら無理。人を傷つけたことも覚えているし、そんな自分は許せない。
いつまでうだうだ進むのかな、この話。漫画に読み慣れたのか、前程つまらなくなくなった。
                         2008/6/19

                         2008/7/17UP

20巻/
レンは薬に依存して自力では止められない。ナナはひたすら仕事の日々で、すでにレンと会うことが怖くなっている。
奈々(ハチ)はナナに会おうと大阪まで行く約束をするが、トラネスのメンバーにボイコットされた落ち込みが酷いタクミを置いていけなかった。ハチが大阪に行けないことを知ったレンは車を飛ばすが。

たぶん、これで次巻に渡ってのクライマックスなんだと思う。いよいよナナが失踪した経緯に入るんだろう。
作品の中のモノローグがきつすぎて、ますますよくわからなくなってきた。
後でまとめて読んだら面白かったと思えるのかな。
タクミってハチ命って感じになってきたなぁ。クールだったのに。残念。
                         2008/10/08

《こんな人におススメ》
イマドキの若者事情を知りたい人に。
《こんなふうにおススメ》
オシャレのバイブルには良いかも。
表紙にも物語があるんですよね、とてもキレイです。
                         2008/10/11UP

21巻/
薬を止められないレンは、パパラッチから逃れるために暴走、事故死する。
ナナの誕生日に死んだレンを悼む巻。

もうそろそろ、終結に向かった方がいい。
なんだか作者の自己陶酔感が強くて、物語に感情移入できず、冷めて読んでしまった。

何しろ単巻では日本で一番売れている少女漫画なのだ。
編集部も言い出しにくいだろうな。
                         2009/8/12

【コミックスセット】


【コミックス】

タグ:矢沢あい
posted by zakuro at 20:15| Comment(0) | 漫画-少女レディース系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。