2008年07月19日

花ざかりの君たちへ(完) 全23巻

【花ざかりの君たちへ】 全23巻  /中条 比紗也

アメリカに住んでいた芦屋瑞稀は憧れのハイジャンパーを追って、男子校に性別を偽って編入する。しかもそこは全寮制で、目的の佐野泉と同室になってしまう。
ハイジャンパーの道を捨てていた佐野にもう一度飛んでもらうために奮闘する。

瑞稀が女装(女の子なんだけど)して、ダンスパーティーで佐野と踊るまでは面白かったんですけどね、なんだろう? マンネリ化?
最後はムリヤリ終わらせて残念。女の子の瑞稀より、男の子姿で佐野とのラブシーンの方が萌えたのはなぜ? BL要素があったのが、人気の秘密なのでしょうか。

フジ系列のドラマははちゃめちゃだけど、ある意味、少女漫画の王道で、大ヒット。
なんだよ、男の子がかっこ良ければ数字とれんじゃん。納得いかず。
                         2007/10

【コミックスセット】


【コミックス】


ラベル:中条比紗也
posted by zakuro at 00:11| Comment(0) | 漫画-少女レディース系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。