2008年07月22日

家族のそれから

【家族のそれから】 全01巻  /ひぐち アサ

高校生の八木沢徹と妹の恵は、母親で小学校教師のハツ子をインフルエンザで亡くす。その母には一ヶ月前に結婚した26歳の同僚、ケンジがいた。
残された三人の新しい家族の模索が始まる。

「ゆくところ」は四季賞を取った作品。
ホモセクシャルの高校生のトラウマと、半身が不自由なクラスメイトの、やり場のない感情を淡々と日常の中に描く。

悩んだけどこっちのジャンル(少女レディース系)に入れた。ひぐちアサのデビュー作。
やはり心情をしっかり描ける人が面白い漫画家なのだとつくづく思う。よくもこんな微細なこと描けるもんだよな。
いきつくところまで落ちて悩んで、結果を自分なりに出した人の表現だと思った。ひぐちアサ、侮れず。
                         2008/7/3

《こんな人におススメ》ひぐちアサさんのファンは絶対に、です。



ラベル:ひぐちアサ
posted by zakuro at 21:50| Comment(0) | 漫画-少女レディース系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。