2009年01月07日

GREEN〜農家の嫁になりたい〜(完) 全04巻

【GREEN〜農家の嫁になりたい〜】 全04巻  /二ノ宮 知子

吉川和子(わこ)は料理だけが得意なずぼらな娘。東京の調理師学校に通っている。
男の好みははっきりしていて「髪がさらさらの、目鼻立ち整った、スタイルの良い男」
親友の知美が良い男を紹介してくれるというのでキャンプに来たが、いきなり相手に失望。
凹んで川まで来たらおばあさんが倒れていた。介抱しているとその孫の誠がおばあさんを探しに来て。現れた小野誠はまさにワコの理想の王子様だったのだ。
農業を営む小野家。ワコは怪我をしたおばあさんの代わりに農家を手伝うことを宣言、翌日から住み込み出す。農家を舞台にしたラブコメディ。

叔母から勧められた作品。舞台になった秩父に叔母が住んでいるのだ。
モデルになったのかなと思える知った家もちらほら。
作者も秩父出身。
本編中に出てくる秩父弁、最高。
個人的な話で恐縮だが、祖父母を思い出す。ここに出てくる日々のあれこれが、とても懐かしく思える。誠のように夏休みはずっと秩父で過ごしていたからなー。

主人公のワコがちょっとうざいんだけど、これが作者の面目躍如な部分。『のだめ』だって最初はうざいじゃないか。でも、それがなぜかだんだん可愛くなっていくのだ。

コメディだけど農業部分は“なんちゃって”じゃない、しっかり取材していて、会話の合間でも絵で農業を見せている。すごい。

お姉さんの、「誠はブラック・ジャックにだってなれる程の医者の腕前」に対して、ワコの、「ブラック・ジャックはもぐりなんじゃ?」に大爆笑した。
ワコの操縦がどんどん上手くなっていく誠が微笑ましい。
やっぱ上手いなあ、二ノ宮知子。とにかく笑えた。

ほうれん草の話はじーんとくる。
そして、誠ばかりを追っていたワコが、農業に目覚めていく姿に感動する。
                         2007/10

《こんな人におススメ》
「え? ここまでやっちゃうの?」というブラックユーモアのある二ノ宮知子さんが好きです。これはおススメ。
のだめは今や国民的漫画になっちゃって……そこまでやれないからなぁ。



ラベル:二ノ宮知子
posted by zakuro at 06:37| Comment(0) | 漫画-少女レディース系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。