2009年02月09日

天狗神

【天狗神】 01巻まで  /夢花 李

日本国土がまっぷたつ。しかも国民も東西に分かれて、戦争を始めてしまう。
内戦が当たり前になるくらい時が過ぎて、東雲(しののめ)と水雲(もずく)の双子の兄弟は、閉鎖された空間ではのんびり平和に暮らしていた。
兄の東雲は不思議な力を持っており、東雲にお願い事をすると叶うと言われていた。
その兄と間違われ、水雲は鬼たちに取り囲まれる。鬼は、東の神である東雲を連れて、西の神との戦いを治めようとしていた。
水雲が兄を助けるため、命をかけて平和を祈願出来る不浄なき人間を、一ヶ月以内で探すというところまで。
水雲の過去世と、頓鈍坊との間にできた絆の話もまだまだ続く。

出張先が、熊野古道の山の奥。旅先の読書にベストだと思い持参。
内容は歴史ものというよりスペースファンタジーが強い。
過去世の話の方が面白いかな。

BLかレディースか、ぎりぎりまで悩んだ。
この作家さんのこの名義だとBLになりそうな部分も大なのだが、鬼畜設定にならない人なので、兄弟ではそれ以上にあり得ないと思い、レディースカテゴリーに。

「夢幻アンソロジー」という季刊雑誌に連載、なかなか単行本化されないのは不安になる……。
巻数は書いてないのだが、まだまだ続く。第一巻のこれは、まだまだ何も描いていないに等しいくらい序章。
大好きな作家さんなのだが、未完作が多過ぎてそれも不安。

話は、西の神が役行者の生まれ変わり、東雲が泰澄の生まれ変わりというもので、それも今後の展開として興味。
設定的には、無理やりくっつけた感もあるのだけれど。

絵、ほんとに好き。
続き、楽しみにしています。
                         2009/02/07

《こんなふうにおススメ》
「てんぐじん」と読む。
絵、変わらず美しいです。ツッコミどころは満載。続き出ると良いなあ〜。
こんなに漫画を読むようになるまでは、発刊されることって実はとても大変なものなのだと、知らな過ぎました……。
作家さん、頑張れ。そして出版社も……。



ラベル:夢花李 佐原ミズ
posted by zakuro at 02:41| Comment(0) | 漫画-少女レディース系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。