2009年02月17日

ときめきトゥナイト+ときめきトゥナイト番外編-星のゆくえ-(完) 全31巻

【ときめきトゥナイト】【ときめきトゥナイト番外編-星のゆくえ-】(完) 全31巻  /池野 恋

中学二年生の江藤蘭世(らんぜ)は、吸血鬼の父と狼女の母との間に生まれた、生粋の魔女っ子のはずだったが……何にも能力のない女の子。
弟の鈴世(りんぜ)とともに家族で暮らすが、できそこないの娘を嘆き両親は喧嘩ばかり。それもいつものことで、蘭世はすっかり慣れっこになっている。
転校した初日、隣りの席のちょっと不良の真壁俊に恋をして。その俊をめぐってライバルの神谷曜子に噛み付いた瞬間、相手の姿に変身してしまう。
永遠の愛と家族や仲間との絆を中心に、蘭世の恋の行方と冒険を描いたどたばたラブコメファンタジー。

三部作構成。一部は、蘭世と俊の恋。
二部は、なるみと鈴世。
三部と番外編は、蘭世の娘、愛良。

82年から94年まで、集英社の「りぼん」での12年の大連載。
その間、作者は23歳から35歳へ。女性が自身についていろんなことを考える年代に描き続けたいうのは、どんな感じなのだろう。
ちなみに、昭和50年代半ばまでは、女の幸せは結婚だった時代。連載は、昭和57年からスタート。
まさに蘭世は、当時の女の子の理想だったのだろう。

女の子の恋するキモチがいっぱいに詰まった作品。
女の子の願望や妄想がそのままストレートに出ていて、それがストーリーの軸になっている。
大人になってから読むのは気恥ずかしくなるが、ここまで素直に表現されていてそれが肯定されていると、思春期には影響を受けると思う。

1話目はあまりにもベタで笑った。すごい王道。なんだか「りぼん」らしくほのぼのした。設定もベタベタ。
カッコいいちょい悪だけど親思いの同級生に憧れる、純真で天然でドジッ子で、しかも積極的(ここがかつての少女漫画的王道。実際には矛盾がある設定で、今はここのトラウマのようなモノが中心に描かれることが多い。リアル化してきているともいえる)にアプローチする、ちょっと訳ありな可愛い主人公。ライバルはヤクザの娘で……。
蘭世は当時の少女の憧れだったんだろう。可愛らしくて、魔女で、空想好きの女の子。じたばたはするけど、ご都合主義極まれりの、全世界が蘭世の味方をしてくれる。
まとめて読むよりも、小学生か中学生の時代に連載で楽しみたかった。なんか懐かしい。
こういう時代だったよなー。こういう漫画が女の子に支持され、楽しまれていたのだ。
ツッコミどころは満載、でも、それさえも楽しめる。
一種のハーレクインロマンス。今はこれだとベタすぎるので、そんな設定はBL方面に行ってしまったのかもしれない。

最初の頃の巻は、体罰シーンも平気であるし、親の台詞も「それ、言っちゃいけないだろう?」ということを平気で言ったりして、しかもそれがギャグでとらえられている。
なるほどなぁ、花より男子のつくしの両親が酷いのも、デフォルトだったのか。
今の時代だと、編集部が差し止めするんだろう。
どんな酷いことをしても言っても、決して揺るがない家族の絆というものがかつてはあって(作中はそれが描かれている)でも、今はそれが簡単に揺らいじゃうから、親子の言動さえも規制がかかる。
不自由な時代になったのか、社会が神経質なのか、人の心が研究されてきた成果なのか……。どちらにしても今は、みんなが生きにくい時代であるのは間違いない。

素人の私でさえ気づく。スクリーントーンがない! 手描きだ!
たまに見かけるけど、ほとんど最初の頃はトーンを貼っていない。

これを少女時代に読んできた女の子たちが、今は母になっている。
ちなみに1968年生まれの蘭世は、今年41歳。
蘭世は、エトランゼ(異邦人)から。

14巻、蘭世の身につけていた指輪が光って道を示すくだり、まるで天空の城ラピュタのようと思ったのだが、連載は昭和61年の秋で、ラピュタ公開はその夏。
良いんでしょうか、こんなにパクリで。
平和な時代だったんだなぁ。他にも元ネタがはっきりわかるようなエピソードが多数。
今じゃ、きっとこの作品は出来ない。

16巻のポセイドンの使い、神谷曜子に大爆笑した。まるで大仏。
ギャグ漫画なのだけど、素直に笑えたのはそれくらい。
大人になってしまった自分が恨めしい。

本編といえる話は、番外篇を含めて16巻まで。
あまりに人気で、終わらせられなかったのでしょうね。
最後は破綻気味なのは若干残念。

番外編の31巻目は、作者が書き残したエピソードを入れている。
まあ、ああいう形でなければ、読者も納得しなかったんだろう。
                         2009/02/16

《こんなふうにおススメ》
昭和の時代の少女漫画の代表作のひとつ。いろいろと考えさせられました。
「マンガ・エロティクス・エフ」のインタビューでは、アニメ化が最初から決まっていて連載が始まったとありました。集英社的メディアミックス初めての作品。

【コミックセット】


【コミックス】


ラベル:池野恋
posted by zakuro at 02:07| Comment(0) | 漫画-少女レディース系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。