2009年03月01日

カテゴリ:フリークス 03巻まで

【カテゴリ:フリークス】 03巻まで  /極楽院 櫻子

那波超常事件調査事務所の所長、那波浅葱(ななみあさぎ)は、一見中学生の子どものような容貌だが、その実力は様々な人々、多くの機関にも頼りにされている。
その実体は、リミッターとして泉水(いずみ)を内在し、フリークスと呼ばれる闇に蠢くものに立ち向かう“スタンド”だった。
大学生の天野尚貴(なおき)、フリークスのやひろを身の内に秘める吉野まひめ、ウサギに変化できフリークスを食料とする兎姫古(トキコ)らと、事件を解決していく。
元ネタになった短篇も、1巻めに収録。中学生の天野と、浅葱の出逢い。

作者曰く、オカルトホラー。
この作家さん、萌え系記号を入れまくるのは上手い。というより、それだけで話を作っている。絵も構成も変わらず上手い。一般漫画の方がBLより面白いと思ってしまう。

この作品、3巻からぐっと面白くなってくる。
昭和の初め篇、めちゃくちゃ面白い。こっちの設定で話を進めたら良かったのに。

トキコのウサ耳は仕事的にはいかがなものか、と初登場時に思ってしまった私は常識人。

難を言えば、着服時の巨乳の描き方がキライ。それで「セキレイ」になかなか手が出せないっていう……。ヌードのは良いんですよ、綺麗で。服着ている時です。ブラジャーしてくださいっ。
                         2009/3/01

《こんなふうにおススメ》
萌え系も好きな方に……。かなり面白いです。


タグ:極楽院櫻子
posted by zakuro at 23:58| Comment(0) | 漫画-少年青年系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。