2009年04月07日

Boy Meets Girl -マウンドの少女-(完) 全02巻

【Boy Meets Girl -マウンドの少女-】  全02巻  /塀内 夏子

森田文武(ふみたけ)、通称モリタケ12歳。富士見リトルでショートを守る。
チームには、サウスポーのエースピッチャー神崎しおりがいて、モリタケは気になっていた。
全国一位になった住吉リトルも、エースは女子の立花アヤコ。そこには4番の古荘勇樹もいる。
その住吉と引き分けた富士見は、住吉リトルのライバルとして切磋琢磨する。

少年マガジン連載。
野球の話でほとんど試合なのだけど、ベースは初恋物語。
モリタケのしおりに対する甘い恋心を描く。

いつの間にか、おお振りの頭脳戦に慣れちゃったんだなー。
この作品もしっかり取材したのだろう、中味のある野球を描いて良く出来ていて面白いんだけど、もの足りない気がするのはそのせい。
漫画だから良いのに(別に消える魔球は出てこないし)多少オーバーな演出があっても、盛り立てる物語があってこそ、それなのにリアリティを求めてしまうおお振り病にかかっている。
もちろんあれだって、リアルじゃないとこもあるのに。

お調子者のモリタケがだんだん強さに執着する意識に目覚め、しおりを励ましていく成長が見物。
                         2009/4/01

《こんなふうにおススメ》
普通に面白いです。上手いし。スポーツものが多い作家さん。
でも、スポーツ漫画って読み応えのあるモノ、多いんですね、それに気づく。だから、どうしても、こういう小粒にキラリは埋もれてしまいます。



ラベル:塀内夏子
posted by zakuro at 00:11| Comment(0) | 漫画-少年青年系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。