2009年08月08日

環状白馬線 車掌の英さん

【環状白馬線 車掌の英さん】  全01巻  /都戸 利津

環状白馬線の車掌さんの英(はなぶさ)さん。
一見、口べたで素っ気ないふうな接客なのだが、そこにはさり気ない思い遣りが詰まっている。そして、英さんの電車に乗った人は……。
乗客と英さんの物語。

作者の初のオリジナルコミックス。
別冊花とゆめ。

エマ」の森薫さんのブログで大絶賛だったので、気になって読む。
わざわざブログで奨められるだけのことはある。この空気、好きだー、癒される。
森 薫びっけ、共通する、心を温かくする作風なのだ。

話の繋ぎが素晴らしい。

品の良いクラシック映画を観ている気分。
読後にも充実感を与えてくれる、嬉しい作品。

泣けた、めちゃくちゃ泣けた。
ああ、幸せだったー。自分の行為が世界のどこかで、自分の知らないうちに誰かを幸せにしているかもしれない。自分が知らない誰かから、幸せを貰っているように。

絵も素晴らしい。
余談ですが、チビ英さん、悶えるほど可愛かった。
次の作品もとても楽しみ。
                        2009/8/02

《こんなふうにおススメ》
親しい友人には特に、「読んで読んで〜〜!」とおススメしたくなる、素晴らしい一冊。


ラベル:都戸利津
posted by zakuro at 09:06| Comment(2) | 漫画-少女レディース系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おお。読まれたんですね!
泣けますよね。泣いちゃいましたよ。大好きな一冊です。
都戸利津さんは現在『別冊 花とゆめ』で『群青シネマ』を連載中です。まだ第2回ですが、こちらもオリジナル作品です。
Posted by Wrlz at 2009年08月08日 20:39
そうなんです!読みましたーー!!

Wrlzさんの『ココロのベスト30』にもおススメ下さった作品でもありますよね。
良かったです〜。

Wrlzさんのおススメ、だいぶ手に入れたんですが、なかなか時間との勝負で、まだまだです。
これからも教えてくださいね。
ありがとうございます。
Posted by zakuro at 2009年08月09日 12:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。