2009年12月09日

2分でわかるONE PIECE


※ これは、「ONE PIECE -ワンピース-」未読の友人に、映画「STRONG WORLD」を一緒に観に行くためにメールで送ったテキストです。
その新聞記者の友人に、「パーフェクト!素晴らしい」と絶賛されたので調子に乗ってブログに載せました。

【2分でわかるONE PIECE】

 時は大海賊時代。この世のすべてを手に入れた伝説の海賊王ゴールド・ロジャーが遺した「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」をめぐって、海賊が壮絶な戦いを繰り広げていた……。
 東の海、ドーン島の小さな港村フーシャ村で生まれ育ったモンキー・D・ルフィ。海賊に憧れる少年ルフィは幼い頃、村に滞在していた大海賊“赤髪のシャンクス”の戦利品“悪魔の実”を食べてしまい、身体がゴムのように伸びるゴムゴムの能力と引き替えに、一生泳げない体になってしまう。しかし、楽天的なルフィは船から落ちない海賊になろうと決める。
 ところが、シャンクスと敵対する山賊団の怒りを買い、海に投げ込まれてしまう。溺れるルフィを海獣が襲おうとした瞬間、彼を救ったのはシャンクスだった!その片腕を犠牲にして……。
 「お前がいつか立派な海賊になったら、この帽子を俺のところに返しに来い」
 それから10年。シャンクスから受け継いだ麦わら帽子をトレードマークに、ルフィは一人夢に向かって大海原へと漕ぎ出した。
 航海の途中で出会っていく仲間たち。それぞれに想いと夢がある。彼らは隷属するのではなく、夢を叶える足がかりとして海賊船に乗り込み、ルフィと共に“偉大なる航路(グランドライン)”をサウザント・サニー号で突き進む。
 麦わらのルフィと呼ばれる海賊になっていく主人公と、一癖も二癖もある仲間たちの冒険ファンタジー&コメディ。

 麦わらの海賊団は現在までに9人。仲間になった順番で紹介。名前表記は、最初に姓の日本語読み。
 全員が賞金首、総合賞金額(トータルバウンティ)は7億50ベリー。海賊団としては小さいながらも注目されている理由がこれ。
( )内は賞金首にかけられた金額。ちなみに貨幣価値は、1ベリー=1円。
5000万ベリーを越えると相手がかなりびびるので大物扱い。3000万ベリーでもかなり威張れる。
 
 モンキー・D・ルフィ。海賊王になるのが夢。出自がずっと謎だったのが、単行本50巻過ぎてようやく判明。父が「世界最悪の犯罪者」と呼ばれる革命家のモンキー・D・ドラゴン。祖父は海軍本部中将モンキー・D・ガープ。一緒に育った兄ポートガス・D・エースはゴールド・ロジャーの息子。(3億ベリー)
 
 三刀流の達人ロロノア・ゾロ。海賊嫌いで海賊狩りをしていた賞金首。「世界一の剣士になる」急逝した幼馴染みとの約束を叶えるため、ルフィたちと行動を共にする。男性読者人気を二分。(1億2000万ベリー)

 元女盗賊の航海士ナミ。戦災孤児だった自分を育ててくれた村に恩を返すため、盗賊になり稼いでいた。ルフィらが、村に陣取る悪人退治をしてくれたお陰で自由の身に。世界の海の地図を描くのが夢。天気すら自在に読む航海術の能力を持つ。アイドル的存在。(1600万ベリー)

 パチンコの名手で狙撃手ウソップ。巧みな話術と策略で危機を乗り越える。村を明るくしようと狼少年の役を買って出ていた。父はシャンクスの船員でルフィは世話になったことがある。父を目指す。男性読者人気を二分。(3000万ベリー)

 料理と足技の達人サンジ。海上レストランで働いているところをスカウトされる。幼い頃に遭難した体験から、敵であっても食事は食べさせるのが信条。大海が合流する幻の海域の魚を料理するのが夢。女性人気が高いキャラ。(7700万ベリー)

 医術に秀でた青っ鼻のトナカイ、チョッパー。悪魔の実、ヒトヒトの実を食べてしまって人間としての能力を持ってしまう。人にもトナカイにもなれず村では虐待を受けていたが、優しくしてもらった医師から医術を教わる。いつか島を出て、世界を知りたいと思っていた。姿が可愛いマスコット状態から変化するので、女性に圧倒的な人気でぬいぐるみも売れている癒しキャラ。(50ベリー)

 謎多き考古学者ニコ・ロビン。考古学に長けたオハラ島で育つ。悪魔の実ハナハナの実を食べ妖怪扱いされるが、8歳の少女時にしてすでに考古学者としての知識を持つ。島は、英知を葬りたい海軍によって滅ぼされるが、唯一の生き残りとして「オハラの悪魔」と呼ばれ追われる身に。ルフィの敵対相手として登場するが、仲間として船に乗ることになる。体の一部を、一定範囲内のあらゆる場所から生やすことができるのが、ハナハナの実の能力。(8000万ベリー)

 機械人間の船大工、フランキー。恩師はゴールド・ロジャーの船を造った男。自身も海賊王が乗る船を造るのが夢。殺された恩師の夢を継ごうと、自らの肉体改造まで行っていたが、仲間たちに送り出されてルフィとともに海に出る。(4400万ベリー)

 アフロなガイコツ剣士の音楽家ブルック。疫病で仲間は全滅。悪魔の実ヨミヨミの実を食べていたブルックだけが命を長らえる。肉体は滅びてガイコツになるが、ルフィたちがかつて出会った巨大クジラのラブーンとの再会を夢みる。(3300万ベリー)

 ※ ONE PIECE的お約束。

 ■ 海は、“偉大なる航路(グランドライン)”と呼ばれる場所と、それ以外に分かれます。“偉大なる航路”に入ることは、それだけで大海賊の証。この航路にさえなかなか入れず、全滅してしまう船団が多い。“偉大なる航路”をすべて制覇すること。それが海賊王となること、とイコールです。
 ルフィたちは、“偉大なる航路”に入って、ただ今半分くらいまで来たところ。

 ■ 「悪魔の実」の能力は、全て違います。同時期に同じ能力は存在しません。食べるまで何の実だかわからないのが難点。
 またなかなか手に入らない。多くは手に入ると売られます。市場価値は最低でも1億ベリー。トンデモ人間になってしまうより、稼いだ方が増しだからです。
 リスクは共通していて、「泳げない身体になること」。
 その能力は、ルフィのような超人(パラミシア)系。チョッパーにみられる動物(ゾオン)系。自然そのものに身体が変異する自然(ロギア)系に分かれます。

 ■ これはONE PIECEというより、ジャンプに共通する成文律なのですが、「人が人を殺すシーンは描いてはいけない」。なので人は死にません。何度も蘇ります。それがアメリカでこの作品が受けない理由です。
 追記> 59巻で白ひげが死に、これは撤回されました。ついでに私はエースは生きて戻って来る気がしていて、まだ認めていません (2010/8/04)。

以上さえ知っていれば、充分に楽しめます。
posted by zakuro at 00:37| Comment(0) | 補完 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。