2012年02月08日

7SEEDS 21巻まで

【7SEEDS(セブンシーズ)】 21巻まで  /田村 由美

石清水ナツ高校一年生、青田嵐17歳の高校二年生、警官の早乙女牡丹、浅井蝉丸18歳の4人は嵐の海に突然放り出される。何が何だかわからない。自宅のベッドで温かい睡眠を貪っていたはずなのに。違和感のある島に漂流、そのままサバイバル生活が始まる。途中で、天道まつり16歳、美大生の守宮(やもり)ちまき、12歳の草刈蛍が合流。
彼らは、小惑星が地球に衝突後、人類が死滅した場合の保険、プロジェクト名「7SEEDS (セブンシーズ)」に選抜され、冷凍睡眠から未来の、人が住める環境をコンピュータが判断した後に解凍された少数の人類だった。絶滅に対しては各国対策を練り、日本ではチーム5つにそれぞれに季節の名がついていて、1チーム7名にガイドがひとり。
それぞれのチーム、登場人物に焦点をあてていく、人類生き残りのサバイバル。

今、もっとも話題になっているといえる少女漫画。
別冊少女コミック。2001年11月から連載。2巻から月刊flowersに移動。

映画の「Cube」のよう。ベッドで眠っていたはずなのに、気づくといきなりサバイバルに放り込まれている設定は一緒。
他の作品要素も多く、映画「アイランド」、コミックスでは「漂流教室」もそうかも。

スケールは半端じゃない。話が大きすぎて、まだまだ序盤から中盤の様子。
内容は一気に引き込まれた。途中から自分が「読んでいる立場」を忘れる。物語に同化してしまっている。こんな感覚は3,000冊以上読んできて初めて。さすがの大御所。

登場人物のそれぞれの思考の流れが納得できてムリがない。普通ならそう考えるよねと共感できる。練り込まれたストーリーなのがよくわかる。
とにかく良く出来ていて、伏線と回収が網目のよう。感嘆しきり。

考えていかなくちゃならないことが山ほど描かれている。怖いし、苦しい。
生き残っても絶望しそうだ。
でも読んでいるうちにわかる。現代社会に生きていることだってサバイバル。これは自分で考え選択して強く生きるための応援の作品だ。

いったいどこに辿り着こうとするのか楽しみ。
                         2010/2/06、2/18UP

《こんなふうにおススメ》
大河な大きな物語だけど、しっかり少女漫画なのがこの作家さんのすごいところ。
どこに辿り着く話なのか見届けたい。

17巻/
夏のBチームにAの安吾と涼。そして涼の思惑。

まとめ読みしないと登場人物が多くて忘れちゃいそう。wiki読みながら読んじゃった。
このパートはまだまだ続きそう。
                         2010/4/30、5/03UP

18巻/
嵐は船から行方不明。蝉丸たちは空母のような船を見つける。中に入るナツたち。嵐は海からそれを見つける。その船の正体とは。

ずーっとクライマックスな物語。読んでいても緊張する。
                         2010/8/13、8/14UP

19巻/
船艦に入ったスイッチ。蝉丸を撃った涼。安吾と嵐とナツ。まつりと涼と蝉丸。カウントダウン。

読むの悩んだ。この世界がリアルに思える今。だからこそしっかり見つめることにした。
新しい世界に生きる。実感としてここにある。
                         2011/4/10、4/14UP

20〜21巻/
20巻。安吾は嵐に「なぜ逃げなかったのか」問いかけられ。安吾と嵐とナツ、まつりと涼と蝉丸が合流。茂の死の真相。牡丹、蛍、まつりも合流。ミサイルを止めるために奔走。バクテリアも襲ってくる。
21巻。バクテリアがミサイルを止める。脱出。監視する要。鷹とあゆ。角又とひばり。そして物語は花へ。

「自分を守るために、自分で決めて、逃げるという選択肢」私も持っていたいと痛感。頑張り過ぎちゃ駄目だ。
危機的状況の時に「大丈夫と感じたら自分を疑う」精神状態がまっとうなのは、不安で当然。
良いことも悪いことも紙一重で、たいてい同じ場所にある。
いろんな言葉を読み落としたくない。震災以降、すごくリアルに感じる。
注意力に判断力、決断力、実行力。体力も覚束無い私には欠けているものばかり。全巻読み直したい。目が覚める。すごい作品。
ほんとにみんなで生きていきたい。ここで肉体生命をまっとうしたいよ。逞しくなりたい。
                         2012/1/05、2/08UP

【コミックセット】


【コミックス】


【公式ファンブック】

タグ:田村由美
posted by zakuro at 00:07| Comment(2) | 漫画-少女レディース系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
最高ですよね!次の巻が出るまでが本当にじれったいです。

1万冊頑張ってください!BASARA読まれてますか?是非、是非是非!
Posted by うなこ at 2011年06月08日 16:38
うなこさま

コメントありがとうございます。
返事が遅く、ごめんなさい!

BASARAも読みました。
ネタバレ怖くて、そしてノックの初期だったので、感想が少しですけど。
熊野の友人たちにも勧めました。

この作品もどこに行くのか、楽しみですね。
これからもよろしくお願いいたします。
Posted by zakuro at 2011年07月10日 00:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。