2010年04月05日

家族八景 (完) 全02巻

【家族八景】 全02巻  /清原 なつの(原作/筒井康隆)

18歳の火田七瀬(ひだななせ)はテレパス(精神感応者)。その能力を知られないよう慎重に生きている。
住み込みの家政婦として一箇所に留まることなく転々として生きていた。尾形家に住み込み始めた七瀬は、家族の秘密のひどさに愕然とする。
七瀬が渡り歩く中で、それぞれの個性的な家族を観察していく話。

角川書店から発刊されていた青年漫画誌、コミックチャージ連載。
少女時代に好きだった「りぼん」で連載のこの作家さん、こういったのも描いていたんだ! と軽い衝撃。

絵を描く人によってこんなに変わるものかと感嘆。山崎さやかバージョンの「NANASE」と大違いだ。
どちらも良い。それぞれに原作の魅力を出していて興味深い。あちらがドロドロした情欲に合った図柄で、こちらは淡々としている分、浮き出るモノがある。
「NANASE」は、「七瀬ふたたび」「エディプスの恋人」がメイン。こちらは第一部の「家族八景」。

内容は原作のまま。
とにかく中学生ではまってほとんど記憶するんじゃないかと思うくらい繰り返し読んだ。それがそのまま蘇ってきた。懐かしいというより、よくこんなの読んでいたなと思った。

テレパスの話に思っていた。しかしそのオブラートにすっかり目眩ましさせられていたのだ。実は高度経済成長を経て病み始めた日本の姿を浮き彫りにした作品。
子供の時は潔癖に七瀬に感情移入したが、今はそれぞれの家族に想いを馳せてしまう。年を取ったということか。

第二部から様相が変わるので、これはこれで完結した素晴らしい作品なのだと感じる。
清原なつのさんもまとめて読みたくなった。
                         2010/3/31

《こんなふうにおススメ》
原作ファンとしてもかなり感嘆。良く出来ています。秀逸。


posted by zakuro at 03:16| Comment(4) | 漫画-少年青年系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初です。
コトモナといいます。よろしくです。

清原なつのさんの「七瀬」ですか。読んでみたいですね。
山崎さやかさんのは読んだけど、こっちはまだです。

俺も子供の頃に、筒井康隆の「七瀬シリーズ」読みました。
読んだ当時俺は、はっきり言って七瀬に「恋」しました!
だから「エディプスの恋人」の七瀬・・・俺の心臓にはものスゴク辛かったです。

清原なつのさんで思い出す作品は、「花岡ちゃんの夏休み」。

その清原なつのさんの描いた「七瀬」なんだ。
うん、やっぱり興味わきます。
今度ネカフェで見かけたら、読んでみますね。
Posted by コトモナ at 2010年04月11日 20:46
コトモナさん、はじめまして!

ブログ拝見しました。開設おめでとうございます。
感想ブログを続けるのは大変ですが、同じようなブロガーさんたちに助けられて、私もここまで来ました。
応援しています。
そして、いろいろと教えてくださいませ。

清原さんバージョンの七瀬、思った以上に良かったです。
私にとっても青春の1ページの作品なので、期待すると後で自分がショックかと思ったのですが。
振り返っても、筒井原作は素晴らしいですね。

2巻目に筒井さんの解説もあり、この作品も絶賛していました。
是非読んでみてください。

>「花岡ちゃんの夏休み」

懐かしい…。
読みたい本が山ほどなんですが、時間との戦いですねー。

どうぞこれからもよろしくお願いいたします。
Posted by zakuro at 2010年04月12日 20:52
報告です。

近所のネカフェには、「清原さん七瀬」ないことが判明しました!
なのでこれはもう、「買うしかない!」と決心しました。

読んだら記事にすると思います。
その時は、「ついに買ったなw」って笑ってください。

>応援しています。

そう言ってもらうとすごく嬉しいです。
ザクロさん(ローマ字は硬いのでカタカナにしてみた)には、そうやって
言葉をかけてくれる人達との、いい出会いがいっぱいあったんですよね。
それはこれまでの時間の、宝物ですね。

そして、こちらこそよろしくお願いします。

俺も「漫画一万冊ノックの旅」の、ファンの末席に加えさせてください。
いろんな人のブログに、その人の個性があふれてますね。
ファンになるって、その個性に惹かれるってことなんだって思いました。

いつか「一万冊」へのカウントダウンを一緒に喜べるまで、俺もブログ
続けられたらいいなって、今は本気でそう思ってます。
Posted by コトモナ at 2010年04月16日 23:07
こんにちは!

>近所のネカフェには、「清原さん七瀬」ないことが判明しました!
あー。ないと思います。あんなに冊数があってもマンガ喫茶やネカフェって、今の流行しか置いてないですよね。
漫画って、年間1万冊発行されるそうですよ。

トップページに「ランキング」のリンクがあるんですが、昨年末に「こすヨメγ2010」に声をかけていただきました。未熟者なのに、そんな光栄もあるんだなと嬉しかったです。
まだまだ漫画読みを名乗れるほどではないのですが、壮そうたる憧れのブロガーたちの中で遊ばせていただき楽しかったです。この年末は、コトモナさんの参加もありそうですね。

漫画読みの皆さんのオススメはマニアックで本当に面白い。
「百舌谷さん逆上する」
http://zakuro-yk.seesaa.net/article/143189017.html や、
「惑星のさみだれ」
http://zakuro-yk.seesaa.net/article/138099492.html
など、マニアックだけど面白いものを、ここで勧められなかったら手にしなかったはず。
もうすでにご存知かもしれませんが、そういった作品から是非に手にとってみて下さい。

他にも、「コミックダッシュ!」や「読書メーター」のオススメも参考にしています。これも、カウントしている私の励みになればと、他のブロガーさんが教えてくださったんです。

こんな、自分の備忘録だけのために、読者サービスもしていないブログなのに、ありがたいです。その励ましがなかったら、頑張ってこれなかったと思います。
時間のやりくりはたいへんだと思いますが、応援しています。
Posted by zakuro at 2010年04月17日 08:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。