2011年09月04日

あきそら (完) 全06巻

【あきそら】 全06巻  /糸杉 柾宏

少女のような姿形の葵蒼空(ソラ)は姉の亜希(アキ)と、ソラと二卵性双生児の妹ナミと三きょうだい。
姉のアキは成績優秀、スポーツ万能の才色兼備と学校ではもて囃されているが、実はけっこうだらしなく片付けも料理もできず、弟のソラに頼りっぱなし。ナミは兄のソラに女装をさせて楽しんでいる。
仲良しきょうだいで育ったが、ソラは実の姉なのに、いつしかアキを欲望を持って見ている自分に気づいていた。その姉も無意識なのか挑発するような行為で。自己嫌悪に陥っていたソラの寝室にアキは忍び込み、一線を越えてしまう。
一方、ナミはクラスメイトの親友で、ソラに片想い中の澄弥加奈(すみやかな)に恋していた。
露出したい咲月ルナと友だちになったソラは、騙されて乱交パーティーに連れて行かれる。

なにかと話題の作品。チャンピオンREDいちごに連載。
そもそもこの掲載誌が18禁でないのはいかがなものかと、オタク間で話されているほどすごい雑誌らしい。知り合いは、「高校生のオナニー本」と呼んでいた。
成人系ではない、とのことで手にする。

もうひとつの関心は、東京都の非実在青少年条例案に反対姿勢だからだ。あんなの、子どもを守るとは建前で(本当に子どもを守る法案なら、まったく反対しない)文化の創造性を潰すだけだと思ってる。

それにしても、予備知識なくて読んだらかなりびびったと思う。
あっけらかんとして背景に闇さはなく、近親相姦にレズビアン、乱交、なんでもあり。
ナミの届かぬ恋は描かれるけど、それも結末が安易。

そうか、ギャルゲーの攻略プロセスにストーリーが近似しているんだ。出てくる女子はソラと次々関係していく。
物語を読むというより、ひたすらエッチなシーンが描かれている。しかも巻を重ねるごとに加速。
でもリアリティはない脳内ファンタジー。
20代前半くらいの男子までなら楽しめるかも。二次元的にそれでいいんだろうなー。

4巻後書きは必見。
                         2010/6/20

《こんな人に聞きたい》
女子の意見を聞いてみたい。

5〜6巻/
5巻。ソラとナミ、可奈の三角関係。男嫌いの先輩の矯正(?)に駆り出されたソラ。
6巻。父帰る。アキとソラの関係がバレて。家族が抱える真実とは。

いろんな意味で、社会的物議を醸した作品だけど、こんな結末にするなら、エロマンガじゃなくて、もっと内面に深く入ってほしかったなー、最初から。
非実在青少年条例が施行されたことで、この作品、増版できないと聞く。

ラスト巻、作者の表紙はしらのコメントに納得。
かえって、最後まで作風変えずに突っ走ったことには敬意。母親のことは唐突だったなー。

一番の衝撃は、作者が女性だったこと。むーん。
                         2011/7/09


ラベル:糸杉柾宏
posted by zakuro at 00:16| Comment(0) | 漫画-少年青年系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。