2010年08月12日

7人のシェイクスピア 01巻まで

【7人のシェイクスピア】 01巻まで  /ハロルド 作石

1600年ロンドン。ウィリアム・シェイクスピアの芝居は庶民を魅了する。女王陛下でさえも。彼はいったい何者なのか?
1587年のリバプールから始まる。明から移民してきた中国人一家。リバプールのチャイナタウンで起きた惨事が、予知できる“黒い女神”中国人の娘リーの運命を変える。

週刊ビックコミックスピリッツ。
映画化で話題の「BECK」も読めていないのに新刊に手を出す。なんとも表紙のインパクトに惹かれたからだ。
開いたら止まらなかった、一気に惹き込まれた。力のある漫画だ。
そうか、日本では関ヶ原の時代か。

ラブロマンスで気楽に観られる映画の「恋におちたシェイクスピア」などで予備知識があると、背景がわかって面白さが増すと思う。
まだ序章すぎる一巻。どきどき。これから楽しみ。
                         2010/8/10

《こんなふうにおススメ》
期待たっぷり。面白いです。


ラベル:ハロルド作石
posted by zakuro at 19:28| Comment(0) | 漫画-少年青年系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。