2010年08月15日

童夢

【童夢】 全01巻  /大友 克洋

立て続けに自殺者や事故死者を出しているマンモス団地。遺書、動機もなく、ましてノイローゼでもなく……。事件の解決になる糸口は見つからず警察もお手上げ状態。丁寧に調査していった部長の山川はあることに気づく。そして山川も……。
本庁から山川の同期だった岡村が後任で赴任してくる。同時期に小学生の悦子が一家で引っ越ししてきて。
巨大団地で起きる超能力対決。

アクションデラックス。日本SF大賞受賞。
私にとっての初大友作品。これだけは幾度の引っ越しでも売らずに手元に残していた。
初版は1983年。それから30年近く私のそばにこの一冊(&「AKIRA」)はいるわけだ。

その頃すでに作者は時代の寵児。それから全部の作品を読破したが、改めてみてみるとそんなに多作な作家さんではない。
代表作は「AKIRA」。
最近では実写映画「蟲師」の監督など他分野での活躍でも知られている。

この作品、ストーリーよりも圧倒的に緻密な絵に惹かれたのが最初。とにかく衝撃だった。
そして内容の不条理さ。それは生活の中に埋もれていて、じわじわと内部から浸食する気持ち悪さなのだ。決してオカルトではなく、どちらかといえば乾いている。

何度再読したかわからない。ほとんど暗記している。大事すぎてなかなか感想が書けなかった。
このノックを始めてからは再読していない。4,000冊読んだ後に読み直しても震えるくらい面白い。うーむ。

映画を観ているよう。奇想天外の話でも、自分もその中に吸い込まれている。
余計な感情表現もないのに、痛みがひしひし伝わる。
絵だけではなく、構成もお話も立体的なのだ。

悦子の逞しさに救われる。この子を育てた母は偉大だ。
彼女が大人になってからの物語を読みたい。
                         2010/8/15

《こんなふうにおススメ》
日本の漫画を代表する一冊といっても過言ではない。


ラベル:大友克洋
posted by zakuro at 20:10| Comment(0) | 漫画-少年青年系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。