2011年01月20日

月下の君 (完) 全07巻

【月下の君】 全07巻  /嶋木 あこ

ルックスも成績でも目立ってモテる国重葉月(くにしげはづき)は、極度の女性嫌いか裏で遊びすぎていると周囲に思われている。女子たちがいくら告白しても相手にしないから。実は葉月は女性に触れそうになると震えが止まらない体質だったのだ。見栄っ張りで強情の葉月はそれを周りに知られたくなかった。
そこに可愛らしい菊池舟(しゅう)が転校してきて。ふたりはお互いに一目惚れ、葉月は初恋になる。しかし……葉月は舟に触れると人格が交代してしまうのだ。舟との恋は、前世からの千年かけた約束か、それとも呪いが伴った因縁か……。葉月と舟は、光源氏と紫の上の生まれ変わりなのか?

月刊Cheese!

オカルトなのかトラウマなのかファンタジーなのか、よくわからない。でもいいや、それでもと思ってしまう。とにかく勢い。必然とか、納得とかを通り越して、ある種のスピード感で突っ切ってしまう。
そこは絵描きさんとしてほんとに上手いのだ。大胆で動き出すような独特な画風。ストーリーは破綻しているようだけど、強烈な印象のコマ割りで見せきってしまう。これも才能。
かなりのムチャぶりで収めてしまうのも、逆に小気味良かった。

主人公は葉月。これが舟目線だと、初体験後のジェットコースターストーリーがかなり暗くなってしまった気がする。
葉月の思い込みの強さがすべての元凶に感じるけど。

人物構図が少年漫画チックで読みやすい。少年漫画と少女漫画のイイトコ取りみたい。

キャラ立ってるよなー、どのコも好き。イイ味出してると感心する。
うんと書き込んでいるわけでも、内面を投影させてるわけでもないのにね。むしろ書かれなさすぎが良いのかな?
脇役の使い方が巧すぎ。おれさま日記書いてるヒロシにどれだけ感情移入したことかっ! 頭中将じゃないかと思ってしまったよ。
No,2もね。なんで名が出てこないんだろう?

おまけ短編にも笑った。
他の作品も是非読んでみたい。
                         2011/1/15

《こんなふうにおススメ》
気楽に楽しめます。

【コミックセット】


【コミックス】

タグ:嶋木あこ
posted by zakuro at 01:31| Comment(0) | 漫画-少女レディース系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。