2012年03月18日

鉄楽レトラ 01巻まで

【鉄楽レトラ】 01巻まで  /佐原 ミズ

一ノ瀬鉄宇(きみたか)は、ひとつだけの特技だったバスケットボールで同級生に抜かれていき、自意識をコントロールできず結果、中2から登校拒否、なんとか保健室登校して唯一合格した自宅から2時間かかる若葉台高校に入学する。
そしてかつて何もかもイヤになって、バスケットシューズを投げだそうとした日に出会った少女に、再会する。藤本宝は、鉄宇が諦めたバスケットの選手として活躍していた。鉄宇の捨てたシューズをお守りにして。
当時交換した宝のフラメンコシューズは、高一になった鉄宇と同じサイズの26センチだった。
高校では似たようなタイプの友人も出来た。
父の単身赴任先に転校した妹、銘椀(なまり)が戻ってくる朝、銘椀が怪我した理由を知る。「自分も変わる」鉄宇はフラメンコ教室の門を叩く決心をする。

小学館、ゲッサン。てつがくれとら。
佐原ミズ、初めての少年誌。
すごく好きな作家さんなので、とにかくなにも言わずに読む。

初読時は、主人公のキャラ絵に馴染めなかったけど、鉄宇の自分探しがこの画風に合っていて、納得するものがある。
ふっとした表情に定評のある作家さん。
妹の銘椀の力強さが良い。
物語は始まったばかり。これからが楽しみ。
                         2011/11/01、2012/3/18UP

《こんなふうにおススメ》
佐原さんを知らない方に読んでもらいたいと感じる。


タグ:佐原ミズ
posted by zakuro at 00:25| Comment(0) | 漫画-少年青年系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。